訪問看護、訪問介護、健康予防のことなら株式会社フリーステーション。リハビリ、機能回復、在宅介護、ホームヘルパー、ケアプラン、など看護、介護サービスの他、介護・看護技術指導、健康予防の取り組み、企業向けの介護や健康相談も承ります。
 
HOME
事業内容
訪問介護(ホームヘルパー)
訪問看護
ケアプラン作成(居宅介護支援事業)
介護が必要になったら
介護する側の生活
介護される側の生活
私たちの目指すこと
業界イメージを変える
愛と感動の介護サービス
お客様への約束
私たちの取り組み
在宅へのこだわり
フリーステーションのリハビリ
お問い合わせはこちら
お問い合わせから契約までの流れ
よくあるご質問
お問い合せ・お申込フォーム
What's New
 
社長のブログ
 
 
スタッフブログ
 
フリーステーション通信
 
会社概要・沿革・アクセス
経営理念
経営者の声
採用について
求める人材像
先輩の声
Q&A
募集要項
プライバシーポリシー
 
 

経営者の声:訪問介護、訪問看護、デイサービス、ケアマネジャー、ケアプラン、池田、豊能町、能勢町

 
訪問介護、訪問看護、デイサービス、ケアマネジャー、ケアプラン、池田、豊能町、能勢町
介護の仕事は介護保険制度が始まるまでは、サービス業というより「世話をする」という意識の強いものでした。介護の現場と医療の現場の一番の違いは、その舞台が治療をする場でなく生活の場だということです。生活の場であることは、誰もが常に主役になるはずです。

しかし、私が介護の仕事に就いた時に初めて感じたことは、「介護を受けることになったとたん、その人らしさがなくなってしまうのでは?」ということでした。

人は生まれてから個性を持ち、それぞれの人生を築いていきます。価値観、考え方、感じ方なども当然、人それぞれです。そして、人としてのプライドもあります。それが、介護を受ける立場になった途端、一人ひとりの個性や生き方よりも、介護効率を重視され、誰もが同じように介護という行為を受ける、という姿に映って見えたのです。

このようなことは医療現場での仕事では、全く考えていませんでした。医療現場では治療という目的がはっきりしており、それを常に意識しているために、個性やプライドよりも治療のためと言ういろいろな制約も受け入れやすいのかもしれません。

冒頭に述べましたように、医療と介護の違いは、その舞台が「治療する場」なのか「生活の場」なのかだと思います。生活の場ということは、誰もが主役になるはずなのですが、私にはそう思えない現実が多々目に映りました。私の両親だったら、私自身だったら、この介護を受けるのを望むのだろうか?介護業界で仕事をしていることに本当に誇りを持てるのだろうか?といつも自問自答していました。
株式会社フリーステーション    
代表取締役 小宮 悦子    
   
   
時代は変化し、今は介護保険制度のもとで「介護サービス」と呼ばれるようになり、介護という言葉の意味が、ただ単に身の回りのお世話をするというだけではなくなりました。これからの介護サービスはご利用される方がプライドを持ち続け、これまで築いてきた人生と同じように気持良く過ごしていただくためのお手伝いをすることに変わっていく時代だと思います。

このような思いを持って、フリーステーションを起業いたしました。私の思いを実現させるためには、私だけでなくスタッフ全員が目指すところを同じにし、取り組んでいく必要があります。そのためには、まずスタッフ自身が毎日を大切にし、豊かな心を持って、ご利用者様へのお手伝いをさせていただかなければなりません。そうすることで、実現へ一歩近づけます。 私たちはご利用者様とスタッフがともに、多くの感動が生まれるようなお付き合いが続けていける関係を作っていくことを目指しており、

・ご利用者様が「うれしい」と感じること
・ご利用者様が「楽しい」と感じること
・ご利用者様が「心地良い」と感じること
・ご利用者様が「よかった」を感じること
・ご利用者様が「幸せ」を感じること


このようなことをいつも心に刻んで、サービスを提供しています。
訪問介護、訪問看護、デイサービス、ケアマネジャー、ケアプラン、池田、豊能町、能勢町

訪問介護、訪問看護、デイサービス、ケアマネジャー、ケアプラン、池田、豊能町、能勢町
   
   
 
株式会社フリーステーション
  訪問看護ステーション
〒563-0050
池田市新町3番12号
tel072-750-0900 fax072-750-6355
居宅介護支援事業所・訪問介護事業所
〒563-0050
池田市新町3番12号
tel.072-750-6255 fax.072-750-6355