「災害時の看護職・介護職の役割について」お集まり頂きありがとうございました。2012/05/29
平成24年5月25日(金)第1回人づくり勉強会「災害時の看護職・介護職の役割について考える」をテーマにNPO法人阪神高齢者・障害者支援ネットワーク理事長黒田裕子先生にご講演いただきました。お越し頂いた皆さま、お忙しい中、お集まりいただきありがとうございました。
講演では「人間」「地域」「くらし」を一体的に考えることの重要性、病院や地域とそれぞれ暮らしている場所が違う中でその人の「生きる」を支援するために、私たちは何を考えどう行動するのかを学びました。その後、他事業所の方々とディスカッションを行ない、それぞれのテーブルで自分たちができることについての意見がたくさん出ていました。
何が必要か、一人で困難でも力を合わせればできる、まずは行動すること!
今後も“誰のためにするのか”ということを、住み慣れた地域で暮らしている方々とそのご家族の幸せのサポーターとなることを使命としているフリーステーションと、地域でご活躍している看護職・介護職の皆さまと一緒に考えていきたいと思っております。