潟tリーステーションスタッフ共有会のご報告。2011/06/20
2011年6月19日(日)
潟tリーステーションスタッフ共有会が開催されましたことをご報告します。
以下は式次第です。
開会
羅針盤説明          
サンクスカード        
朝礼         
ゴールドスタンダードファイルの説明       
ベーシック(私たちの心得)         
研修 
 「ザ・リッ ツ・カールトン大阪」の”感動伝説”を生み出すもの は…        
        
食事会と表彰式                  
閉会

当日会場をご提供くださいました潟Mア代表取締役社長畠山様、スタッフの皆さま大変お世話になり有難うございました。厚く御礼申し上げます。

小宮社長より「経営羅針盤」2015年9月をゴールとする中長期ビジョンの明示がありました。
2012年はどうなる?2014年は?2015年は?と次々と会社が進んでいく方向を聞くたびにスタッフは真剣に聞き入っていました。
リッツ・カールトン大阪のビデオを見せて頂いたあと、我が社にとって最重要ポイントはを踏まえつつ実施できる各種方策は?というテーマでグループワークがありました。訪問介護チームは「リッツ・カールトンが介護の会社を作ったらどうなる?」という講師のお話しを元に「クレームにきちんと対応していくためにリッツ・カールトン大阪のような手順書があつたら良いなぁ〜」など切実な意見が出ていました。
訪問看護チームは「利用者様の看護は勿論、頑張って介護されているご家族の労を形あるもので労って行きたい」という意見が多く出ていました。これはまさに”住み慣れた地域で暮らして方々とそのご家族の幸せのサポーターとなること”を実践するものです。デイサービスチームは「利用者様情報をスタッフ全員で共有しニーズの先読みサービスを行いたい」そして「利用者様にもっともっと感動を提供していきたい」という決意が感じられました。
本日のお食事は明月記”夏乃香”というお重弁当でした。各事業所スタッフが入り混じって親睦を兼ねた食事会となりました。フリーステーションはプロ意識の高い人だけの会社を目指し、自慢しあえる仲間を50名迄増やしていきます!
スタッフの皆さんが人指し指を高く上げているのは”この業界のナンバー1になる”という決意の表れです。